高い給与がもらえるデリヘルドライバーは眠気との闘いです!

腕を組んでいる男性

注目の記事

時間に余裕がある人にオススメなデリヘルドライバー

デリヘルドライバーはデリヘル嬢を客のところに送り届けたり迎えに行く送迎車の運転をする人です。車を持込するところもあれば、店舗が用意してくれる車を使って送迎することもあります。
おすすめは車を用意してくれるお店で、高級車を貸与されて送り迎えを行います。持ち込みのところだとガソリン代が自腹になることが多く、その分給与に上乗せがあるとは言っても足が出てあまり儲からないことが多いです。
基本的に拘束時間が長いだけでさほど忙しいことはなく、暇を持て余しているという男性や運転が苦にならない男性ならばやってみる価値のある風俗求人です。例えば、仕事が土日は確実にない、定時で絶対に帰れるけどお金を簡単に稼ぎたいという人には向いている風俗求人でしょう。
嬢との会話は必ずしも求められるわけでなく、店によっては一切口を利かないことを求められるところもあります。そういうところだと気を使うこともせずに、黙々とデリヘルのドライバーとしての仕事に打ち込めます。逆におしゃべり好きの嬢が多いところだと、気を使うことが多くて気が滅入るかもしれません。
ほとんどのデリヘルドライバーが年寄りですので、年齢がある程度行っていても問題ないというのもデリヘルドライバーの1つの特徴といえるかもしれません。

デリヘルドライバーは高い給与がもらえるお店で!

最近は、風俗でも景気が悪いことが影響しているのか、店舗を構える形の風俗店よりも女の子を派遣するデリヘル形式のお店が増えています。
デリヘルの場合に欠かせないのは、女の子を連れていくデリヘルドライバーです。まさか女の子が自分でお客さんの家に向かうわけにはいきません。女の子の負担が増しますし、またなにかトラブルがあったときの男手も必要だからです。ですから、デリヘルドライバーというのは一定の需要があります。
ただ、気をつけなければならないのは給料です。デリヘルドライバーというのは、車は自分のものを使わなければならない場合があります。また交通事故など、トラブルがあったとしてもその責任は店側が負ってくれることもなかなかありません。ですから、その分も計算して、デリヘルドライバーとしての給料をもらうべきです。仕事がないときに、普通免許さえあれば良いデリヘルドライバーはちょうどよい仕事にも思えるかもしれませんが、時給1000円程度ではリスクとあまりつりあっていません。1500円くらいを目安に考えた方がいいでしょう。
場合によっては、研修期間だからと900円程度でしばらく使い続けられて、しかもなかなか給料が上がらないという場合もあります。道を覚えたいなど他のメリットがないかぎりは、安い給料で働いてもデリヘルドライバーには得はないので、気をつけた方がいいでしょう。

デリヘルドライバーは眠気との闘いです!

夜遅くになってから仕事が多くなるデリヘルドライバーは、眠気との戦いも考えなければなりません。
眠いと思っている状態で仕事をしていることは、思いがけない事故に繋がってしまうこともあります。なるべく睡眠時間をしっかり取るようにして、そうした事故が起こらないように気をつけることがデリヘルドライバーには大切です。
また、デリヘルドライバーというのは、休憩時間をあまりもらえないことが多いので、しっかり取れる工夫も大事です。カフェインのように、眠気を覚ますことが出来るものをうまく利用して、少しでも眠気が飛ぶような方法を採用しなければなりません。
デリヘルドライバーというのは、日中に仕事をしているなら別ですが、夜になってから指名が大幅に増加するところも多いので、その度に眠い状態で運転をすることになります。事故を起こして、大きな問題になるのは避けなければならないので、デリヘルドライバーは対策をしてください。
あまり長時間運転しないように色々な対策を取ってくれるところもありますが、自分でも休憩を挟むなどして、問題が起きないように工夫しておくことが大事です。眠気が強くなって、どうしても運転がしづらいようなら、その対策を踏まえて休憩をしてください。

コンテンツ一覧

TOP